〈国内プラン〉乙部町 滝瀬海岸

2021.11.09

まるで海外を思わせる壮大なロケーション・・そんな場所が北海道に点在しています。

こちらはヨーロッパの雰囲気を感じる岩壁!

北海道の南(道南エリア)にある乙部町・滝瀬海岸にある「シラフラ」です。

シラフラとはアイヌ語で白い傾斜という意味なんだそう。

昼間はホワイトだった岩肌がサンセットタイムには夕日が反射しオレンジに・・

延々と続く岩壁がホワイトからオレンジに変わる自然のコントラスト・・お持込されたヴェラウォンのドレスが本当に美しく映えました。

 

シラフラが続く滝瀬海岸には、くぐり岩という穴が開いた岩があります。くぐり岩は、その昔ニシン漁で栄えた頃、運搬のために人為的に開けた穴なのだとか。

そんな歴史も楽しみながら、今回はウェディングドレスだけではなく、くぐり岩の前ではレトロなスタイリングも合わせてみました。

 

乾杯も!秋の日本海は風が強かったけど、良い記念に😄(くぐり岩の穴では強風が吹き抜けていたため撮影できずでした泣)

 

秋のビーチは貸切状態!

贅沢なプライベート空間となったサンセットタイムの海岸線ではドラマティックなシーンも撮影できました。

 

乙部町は、札幌から車で約4時間、函館からは車で約1時間半。

今回撮影をしたシラフラ海岸とくぐり岩がある滝瀬海岸の他にも、ぜひ訪れてほしいパワースポット『縁桂』もお勧め。

『縁桂』は、2本の桂の木が連なった樹齢500年の大木で、その木に触れると良縁に恵まれると古くから地元の人に崇められてきたのだそうです。『縁桂森林公園』の駐車場から約1キロほど歩くとあります。ぜひご夫婦やカップルでも訪れてほしいスポットです。私が行った時も数組のご夫婦がトレッキングに訪れておりました☺️

乙部町は、小さな町ですが、海・山・そして幕末頃の歴史や海鮮なども楽しめます。

宿泊は、乙部町でもできますが、函館、もしくは乙部町の隣町・江差町に宿泊するのもお勧めです。

函館は、言わずと知れた人気の観光スポット。温泉や夜景、教会、五稜郭など見どころ満載です。

そして、乙部町から車で20分ほどの隣町・江差町は、江戸時代からニシン漁で栄えた頃のレトロな街並みや幕末頃の歴史観光も楽しめます。

乙部町での撮影を兼ねて、道南エリアを周遊してみてはいかがでしょう?

ちなみに道南エリアは、イカ、ホタテ、カニが有名です。夏はウニも😆 本当に新鮮で美味しいですよ!

 

 

ブログ一覧にもどる

Copyright © Feast All Rights Reserved.

↑ PAGE TOP